【熱海産♨農薬不使用】 ウリズンブレイク2018 第1弾 『白皮砂糖かぼちゃ』

【熱海産♨農薬不使用】 ウリズンブレイク2018 第1弾 『白皮砂糖かぼちゃ』

内容:1.5kg以上の個体1玉

発送日:日曜日, 火曜日, 月曜日, 水曜日, 木曜日, 金曜日, 土曜日

1,820 (税込 / 送料別)

プロジェクト『ウリズンブレイク2018』第1弾遂にリリース。

もう何年も使われておらず、荒れ果てた畑があった。

「どうやら、使われなくなった荒れた土地を再生させて、作物を生産している若者がいるらしい」

そんな、噂が近年、熱海市の農家界隈で囁かれはじめていた。

信用も知名度も実力も何もわからない半ば「他所者」の若者が、四半世紀の時を経て生まれた地に帰り、各離れた土地を転々と借りて畑を切り開いていた。

そんな若者が4枚目の畑のご縁を頂いてすぐの事だった。

「良かったらウチの畑も使ってくれないか」

そこは元水田、元果樹園、今では使われていない遊休農地だった。

しかし、どうやらほかの畑とは様子が違った。

熱海市では多くの元果樹園だと古い木、または切株がそのまま放置されている。しかしここは全て切株も除去されていたのだ。つまり、熱海市ではかなり珍しい果樹園としての運用ではなく「畑」としての運用が可能な畑だったのだ。

その若者は目を光らせた
「是非ともやらせて頂きます。」

即決だった。
実はその若者は露地野菜の栽培が得意だったのだ。
熱海市の特殊な地形、土地条件では畑としての運用が出来る畑は極々限られており、そんな都合の良い畑に巡り会えるなんて夢にも思っていなかったからだ。

使う事も出来ず、誰かに使われる事も無く、ただただ時を跨ぐだけだった畑が蘇る。

余計な物は使わない。
米糠と菜種カスだけを撒き、土に混ぜ込む。
あとは植物が必要な時に必要な分だけ根を伸ばし養分を探す。それで十分。幸いにも天候にも恵まれ、十分な実りを頂けた。

こんな時代を味方に付け追い風にした若者は、大地からの恩返しかとすら思った。

いの一番に一等モノのかぼちゃを小脇に抱え、近況の報告と、日頃の感謝、出来栄えの報告も兼ねてご挨拶に伺うと、地主さんはひどく驚いていた。そしてその時手渡したかぼちゃは玄関先にしばらく飾られ、近隣住民の訪問時に話の種となっていたとか。

農業とは地主さんを驚かせ、地域住民をも驚かせ、生産者もその力に驚き、その驚きと興奮をそのまま、口にされるお客様のお手元にお届けする大義な仕事である。

ここに断言する。
『農業はエンターテインメントである』と。

どうぞ、この確かな『大地の力』、『大地の息吹き』を是非ご体感ください。

【作物名称】日本かぼちゃ
【品種】白皮砂糖南瓜
【特徴】都内高級日本料亭でも使用される、知る人ぞ知る品種。名の通りそのままでも甘く、日本かぼちゃらしいねっとりしっとりきめ細やかな舌触りで、素材の味を引き出す確かな腕により煮物に昇華される事が多い。スープやプリンなどのスイーツもいける万能な子。
【収穫日】7月下旬
【状態】キュアリング済、適度に水分が抜け熟成が進み、いつでも食べ頃でスタンバイしております。