これが自然エネルギーの結晶「菜園家族の医農米こしひかり」【白米】10kg

これが自然エネルギーの結晶「菜園家族の医農米こしひかり」【白米】10kg

内容:白米10kg

発送日:日曜日, 月曜日, 火曜日, 水曜日, 木曜日, 金曜日, 土曜日

8,420 (税込 / 送料別)

※画像は2kgのものになります。

KAGUREでは、2015年から野菜の生命力(生体エネルギー)の高さを評価基準とした新しい農法、「アートテン波動農法」を始めました。

今までの農法とは、大きく括れば慣行農業(Chemical)、有機農業(Non Chemical)という主に化学合成物質の有無を基準に考案された農法と言えますが、アートテン波動農法では、お野菜やお米が持つ生命力(生体エネルギー)がどれほどあるのか?を計測し、その数値が高いものを食べると健康にも良いとして、医農野菜あるいは医農米として販売しています。

このアートテン波動農法は、生命の誕生に由来していることに大きな可能性を感じています。

地球に大気ができる以前、宇宙線、太陽光線、放射線、地磁気、月の引力など、様々な波動によって満たされている空間で、生命が誕生し、そして進化してきた過程で、生物は、それらの波動から身を護ったり、波動を巧みにエネルギーとして利用することができる適応体として存在してきました。

これは、生命の誕生における最初の外圧は、主に波動(量子エネルギー)であったということを物語っているのです。

この大自然の摂理を取り入れたアートテン波動農法の特徴は、 農地の四隅に磁気カードを設置し、農地の磁場を整えるところから始まります。これにより水田・畑・果樹などの土壌環境に合った波動(量子エネルギー)を土壌水分に与え、土壌微生物の生態系を整えます。
その中で育った作物は、通常よりも高い生体エネルギーを有するようになります。
また、微生物の働きにより農薬や硝酸態窒素などの毒素を中和し、その値が極めて小さくなる点を評価しています。