【セールスタート】本物の有機ちりめん赤紫蘇1kg!大原の伝統品種を自家製の梅干しや紫蘇ジュースに!たっぷり1kg(枝付重量)

【セールスタート】本物の有機ちりめん赤紫蘇1kg!大原の伝統品種を自家製の梅干しや紫蘇ジュースに!たっぷり1kg(枝付重量)

8月に入りました。
赤しそのセールをスタートいたします。
*時期柄どうしてもはっせいする赤さび病が入る可能性があります。十分にチェックしますが万が一入ってしまった場合でもセール品として返品交換はできませんのでご了承ください。なお、多少の赤さび病は、ジュースや梅干しなどへの利用しても全く問題ありません。見た目に分かるため、八百屋さんなどの基準でB品質とされてしまいますが、私達は当たり前のものとしてしそジュースやしば漬けなどに日常から使用しています。

発送するものに関してはもちろんできる限り除去するよう配慮いたしますのでご安心ください。

なお、システムの都合上ご注文から15日以内にお届けという表示になりますが、実際には8月末までのお届け期間内に、ご注文順に随時受付ということなりますのでご了承ください。

収穫がはじまり次第順次発送させてただきますので受け取り日の指定はできませんが、時間指定は可能ですので是非ご指定ください。

つくだ農園では、京都大原に何百年も受け継がれてきたちりめん赤紫蘇を有機栽培で育てています。

大原は、しば漬け発祥の地でもあり、昔から赤紫蘇を各家庭で育ててきました。その品種は、限りなく原種に近く、香り色ともに一級品で、毎年多くの方が大原に買い求めにくるほど。

この種は、各家庭がそれぞれに種取りをし、翌年またその種を播くという方法で継がれてきました。私たちつくだ農園が、大原で就農したとき、一番作りたいと思ったのがこの伝統の種から育てるちりめん赤紫蘇でした。市販品ではないため大原の人に頼んで種を分けてもらいました。大原でも、作る人によってその品質は差があるのですが、こっそりと分けてくださったおじいさんの作るちりめん赤紫蘇は、実は大原でも1、2を争う高品質のちりめん赤紫蘇の種でした。

それから十余年、私たちも毎年ちりめん赤紫蘇を育てては種取りをして品種を継いできました。耕作面積がひろくない私たちにとって、種取りは占拠期間が長くなるのであまりできないのですが、赤紫蘇だけは大切に大切に種を継いでいます。

今年も、3月下旬に播いた種が発芽し、定植の時期を迎えました。

※梅ぼしには、1キロの梅に対して100g〜200g程度の赤しそで十分色づきます。
※赤しそジュースは、1Lの水に対して400g〜500g程度の赤しそを使います。
※枝の重量ふくめ1kgのため、葉の重量が1kgあるのではありませんのでご注意ください。おおよそ500g〜700g程度の葉の重量となります。
※収穫後、すぐにクール便にて発送するため、お届け日の指定はできません。時間指定は可能ですのでご利用ください。
※収穫は枝ごととなり、発送も枝付きでの発送となります。ご自宅で、枝から葉をもいでいただく必要があります。鮮度保持には、枝付きでの出荷が一番となりますのでご了承ください。


つくだ農園の畑の様子はこちらから
https://www.instagram.com/tsukuda_farm.kyoto
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る