信州ゆめクジラ農園

長野県 安曇野市

信州ゆめクジラ農園

私たちは、西洋野菜を中心とした季節の彩り野菜を年間100種類以上、レストラン向けに栽培している農業者集団です。

畑は長野県安曇野市と松本市にあり、標高650m前後に位置します。

この辺りは一日のうちでも寒暖差が激しく、野菜栽培には最適な地域です。

特にトレビスやカステルフランコに代表するチコリー系野菜や、夏には色付かないとされる紫ケールも発色の良いものが栽培できます。

生産者は現在12名に地元レストランのシェフが3名と野菜ソムリエが関わり、生産の半数以上の方が農業歴50年以上の大ベテランです。

品質に関しましては、被覆資材の使用などにより、農薬の使用を控えた栽培を心掛けております。

私たちは少量多品種栽培を強みとしているため「通年で同じ野菜を安定供給してほしい」「特定の品種が大量にほしい」といったご要望にお応えする事ができません。

つまり、メニューやつけあわせが通年で決まっているお店にはおすすめできません。

私たちができることは、シェフが長年培ってきたスキルを発揮するのに感じている物足りなさを野菜でフォローすることです。

常連のお客様がいつものお店に行かなくなる一番の理由は「なんとなく」。

お店には何の問題もなく、ただお客様が飽きてしまうのです。

常連様がいつも注文されるメニューのつけあわせが毎回違うだけでも、お客様に新鮮さを伝えることができます。

珍しい野菜で埋め尽くされたバーニャカウダやグリル野菜のプレートは高い話題性を持ち、言葉で表現しやすい好評価は瞬く間にSNS拡散や口コミが広がります。

移り変わる季節の野菜を使ったソースは、きっとお客様の感嘆の声とともに密接なコミュニケーションを生み出すことでしょう。

私たち生産者も想いはシェフと同じ。


One dish
memorable
for customers

お客様に 思い出に残る ひと皿を

わたしたちのこだわり

地元レストランシェフが参画しています。

地元レストランシェフが参画しています。

私たちは「レストラン野菜専門農家」として活動しています。
そこには地元のレストランオーナーシェフや野菜ソムリエが関わり、品種の選定から食味、レストランの求めるサイズなど、細部にこだわって栽培・出荷しています。

土作りに徹底的にこだわります。

土作りに徹底的にこだわります。

毎年、落ち葉が散る頃には山へ行って落ち葉を集めます。
畳8畳の部屋が天井までいっぱいになるほど集めた落ち葉に安曇野産のリンゴや安曇野産の米ぬか、もみ殻を混ぜ込み、100%安曇野産の植物性堆肥を2年寝かせてから畑に混ぜ込みます。
野菜に与える水も安曇野の湧き水。
そう。
私たちの野菜は安曇野の大自然が育ててくれます。

この生産者の商品一覧